2020.03.14 東大館駅 終日無人化へ

JR東日本

先日投稿した記事の通り、昨日を以て東大館駅の窓口営業は終了し、本日より終日無人となった。
本日訪れたところ、窓口のブラインドは下され、時計が撤去されていた。また暖房も使用停止となっていた。

閑散とした駅待合室と窓口。窓口の上にあった時計は撤去されその痕跡が見える。オレンジ色の機器は乗車駅証明書発行機。

待合室には複数の腰掛があるが、日中は閑散としており、誰一人座っている人がいなかった。

改札脇に鎮座する東大館駅のマスコット”ひておくん”モデルは秋田犬(あきたいぬ)である。

駅事務室入口。閉ざされていた。なお発券機器はまだ残っていたが、近日中に撤去されるだろう。

現在のホーム。かつては手前に1番線があったが、CTC化に際し廃止され行き違い設備が撤去された。CTC化前は通票方式で
当駅ではタブレットの授受が行われ、腕木信号機もあった。当時は快速八幡平や急行よねしろといった優等列車が走っていた。

信号、転轍機操作梃子があったと思われる小屋。現在は物置と化している。

かつてこのスペースには売店があった現在は自販機が置かれているのみだが、いずれこの自販機も撤去されるだろう。

現在の運賃表。

現在の時刻表。往年時に比べると列車の本数は大幅に減り、また盛岡までの直通列車も大幅に減った。日中は次の列車まで
三時間待ち…
東大館駅無人化により、定期券や回数券の購入は大館駅、または十和田南駅、鹿角花輪駅を利用することになる。
無人化によりこの駅舎も近いうちに建て替えられるのかもしれない…

コメント

タイトルとURLをコピーしました