2020.06.03 鷹巣駅周辺の現在(1)

JR鷹ノ巣駅 雑記

JR鷹ノ巣駅JR鷹ノ巣駅

北秋田市の玄関口、鷹ノ巣駅** 現在は業務委託駅で早朝夜間は駅員不在、券売機も稼働せず、また待合室も閉鎖される。
ここがかつて阿仁合線の起点駅で、直営駅だったのが嘘のような変わりぶり。
**因みに秋田内陸縦貫鉄道は鷹巣駅となっており、統一されていない。地名は鷹巣。一時期JRの駅名変更案が浮上したが
変更にかかる費用負担について市とJR側で折り合いが付かず断念した。
鷹ノ巣駅は2面3線で3番ホームは朝の当駅止まり、当駅始発、貨物列車の待避、試運転列車等に使用される。

銀座通り通称:銀座通り (駅から市民ふれあいプラザ方面)

通称、銀座通り。名ばかりの通りになってしまった感がある。かつて向かって右には食堂が3軒、左側にはお土産店、
喫茶店、秋北バス駅前案内所(乗車券販売、誘導係)、津谷書店があったが何れも廃業、閉所。歩く人も疎らである。

きむらおもちゃのきむら 跡

一つ目の信号角にあった玩具店。玩具店だがタバコや宝くじ、化粧品、服飾小物の販売も行なっていた。
玩具が二階での販売でファミコンが登場した時はかなり賑わっていた。後にディスクシステムの書き換え装置が
設置された記憶がある。玩具店だけあってプラモデルやモーター、プラモ用塗料、そしてNゲージも販売してたような…
この向かいにはパチンコ店があった(たかのすホール)。小さなパチンコ店で従業員は2人程。設置台数も少なく、主に
羽根ものメインであった。(デジパチ[旧要件]、スロット[3号機や2号機]もあった)駐車場が無いためお客はほとんど
おらず。また換金所は2階。その2階は一般住居でもあった(主に893が住んでいたようだ)


協働社協働社 跡

秋田県や青森県で店舗展開していた協働社。靴や傘などを販売していた。ウサギのマークだったかな、看板にのってたの。
店舗は二階建てで、二階の片隅にはゲームコーナーがあった。一番賑わっていたのはインベーダーとかパックマンが
置かれていたときだろう。因みにマッポ(ママポリス)が頻繁に巡回に来て補導してたような(汗)

花田書店花田書店 跡(角地)

角にあった花田書店。お世辞にも広いとは言えない店舗であったがバスや電車の待ち時間を潰すには良い場所であった。
店舗閉鎖後は店主の実家がある脇神で書籍の配達を行なっていたようだが、現在はやっていない。

げんきワールドげんきワールド (2020.03.31にて閉鎖)

誰もが利用できる交流の場、そして電車やバスの待ち時間に利用できた場所。北秋田市民ふれあいプラザ開所により
多くの役目をそちらへ移転。一時期はネットが出来るパソコンが設置されていた。因みにこの場所は元いとく鷹巣店
(衣料品***)であった。
***食料品等のいとくスーパー鷹巣店は斜め向かいにあった。

(2)に続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました